デイ・サービス

デイ・サービスのお知らせ

「若年性認知症講演会」に講師として出席しました (デイ・ホーム太子堂所長 楠田寿和)

8月2日(土)、世田谷文化生活情報センター(キャロットタワー5F)で開催された、「若年性認知症講演年性認知症の基礎知識とケア)」に講師とし席した。

「若年性認知症」とは、65歳未満で発症する認知症です。働き盛りに発症することから、本人や家族の経済的損失や、心理的な衝撃は計り知れません。

今回の講演会では、都立松沢病院認知症疾患医療センター長の新里和弘医師が「若年性認知症とは」をテーマに医学的観点や新里医師が長年携わってきた経験をもとにお話しいただきました。

デイ・ホーム太子堂からは「若年性認知症デイサービスでの日常『ともに』笑顔で!」をテーマに、若年性認知症専門コース「ともに」のコンセプトや実際の活動内容、現在の課題を紹介すると共に、今後に向けての提言を行いました。

また、現在「ともに」をご利用いただいているご家族にご協力いただき、「家族としての想い」として、ご自身の経験談や、今後のサービスへのご要望等をお話しいただきました。

私自身、このような講演会で話をするのは初めてのことで、とても緊張しましたが、現状や今後のサポート体制等に向けた課題認識の啓発になれば幸いです。また、事業団全体としても若年性認知症ケアの発展に取り組んでいきたいと考えています。

ブログ用2.jpgのサムネール画像ブログ用1.jpg 

写真右(「ともに」を紹介する楠田所長)

各施設のご案内