デイ・サービス

デイ・サービスのお知らせ

デイ・ホーム松原 秋の防災訓練

 

デイ・ホーム松原では、年に数回防災訓練を実施しています。

前回は火災を想定した訓練でした。今回のテーマは

「地震による避難訓練とけがをした時の応急処置、及び炊き出し」の3本立てです。

 

「大きな揺れにより建物に亀裂が入ったため、1階の出入り口付近に避難」という想定で

実際に全員ヘルメットをかぶって、2階のデイルームから1階エントランスまで避難訓練を

行いました。職員の誘導により、お一人おひとり1階まで安全かつ慌てずに避難します。

 全員無事に1階まで降りて、点呼及び安全確認を実施しました。

本番がないことを願うばかりですが、こうして本番を想定して備えることも重要ですね。

ヘルメット0.JPG

ヘルメット1.JPG避難1.JPG

 

 

 

 

 

 

避難集合.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては看護師による「けがをした時の対応」です。

三角巾を使った骨折時の腕の固定方法や、身近にあるものを使って患部の固定方法を学びます。

実習生に協力してもらって、座布団やタオル、紐(はちまき)を使っての実技はとても参考に

なりました!

 

 

三角巾(実).JPG足固定.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして最後は「炊き出し」。

避難生活になったとき、被災した人たちは「温かいもの」を食べたくなるんだそうです。

今回の炊き出しは家の中にありそうな野菜を使って作ることができる「すいとん」です!

まずは大根や人参、キノコや油揚げ、ネギを刻んで煮込んでいきます。

 

すいとん人参.JPGすいとん大根.JPG

すいとん作り00.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すいとん生地.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガスが止まっていることも想定し、カセットコンロで大鍋のお湯を沸かしてから、切った具材を煮ていきます。

すいとんダネは小麦粉を卵牛乳でこねていき、柔らかめのタネに仕上げます。

 

すいとん大鍋2.JPGすいとんよそう.JPG

 

材料全てを鍋に入れて火が通ったら出来上がり!

温かいうちに皆様に召し上がっていただきました。なんと全員完食です!!

「温かくて美味しかったわ」「昔作ったのと比べてすいとんが柔らかくて食べやすかった」等

皆様にとても好評な出来ばえとなりました。

 

すいとん1.JPGすいとん完成.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に災害が起こらないよう願うばかりですが、必要な備えとして、こういった訓練は今後も十分に行っていきたいと思います。

 

 デイ・ホーム松原では皆様の日々の生活をサポートできるよう、様々な活動を行って

います。次回はどんなプログラムにしましょうか?ぜひともお楽しみに!

 

 

【お問い合わせ】

 

デイ・ホーム松原

所長 荻野 宏徳

電話 03-3323-208

各施設のご案内