ホームヘルプサービス

ホームヘルプサービスのお知らせ

研修報告 ご利用者本位の移乗とは  ホームヘルプサービス

helper-kenshuu201010.jpg平成22年9月29日、デイ・ホーム芦花にて、ホームヘルパーを対象に、世田谷ホームヘルプサービス・烏山ホームヘルプサービス合同の研修を行いました。テーマは「利用者本位のトランス技術」、講師は世田谷区福祉人材育成・研修センターの介護福祉士 吾妻正徳氏です。

 

トランスとは、トランスファー(transfer)の略で、車イスからベッドに移る等の移乗及び移動動作のことです。ご利用者の尊厳を重視し、できることはご自身でしていただき、無理な姿勢や無駄な動きを少なくするため、具体的にどのような援助をすればよいかを教えていただきました。また、福祉用具や車イス等を使いながら、その場で浮かんだ疑問にもていねいにお応えいただきました。

 

受講したホームヘルパーからは、「ビニール袋やタオルなど、身近なものの活用でスムーズな移動・移乗ができることがわかった」「ちょっとした工夫でご利用者目線の介護ができることを学んだ」などという感想がありました。

 

訪問するお宅では、それぞれに多様なニーズがあり、ホームヘルパーには専門技術やさまざまな工夫が求められます。事業団ホームヘルプサービスでは、研修で学んだことを生かしながら、事業所全体で知恵を出し合い、ご利用者一人ひとりの生活を支えていきたいと考えています。

 


社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
世田谷ホームヘルプサービス
〒154-0017 世田谷区世田谷1-23-2
電話 03-5450-8292
 

各施設のご案内