ホームヘルプサービス

ホームヘルプサービスのお知らせ

ホームヘルプサービス合同研修「噛みやすく飲み込みやすい調理の実践実習を行いました」

ホームヘルプサービス調理実習.gif
 平成25年10月21日・22日の2日間、世田谷ホームヘルプサービス・烏山ホームヘルプサービス合同でホームヘルパー対象の「調理実習」を行いました。
 
 5月に行った「噛みやすく飲み込みやすい調理の工夫」の講義の実践で、「市販の弁当を食べやすく調理する」をテーマに実習しました。
 よく噛むことができず飲み込みが悪くても、ミキサー食の形態を好まず、常食を召し上がっている利用者は少なくありません。「食べられているから大丈夫」ではなく、誤嚥しないための工夫が必要です。噛みやすく飲み込みやすくなるように手を加えることで、利用者一人ひとりの状態にあった、安全でおいしい食事を提供できます。利用者の好みや生活の状況をよく知るヘルパーが、摂食・嚥下の知識に基づき調理することが、利用者の支援につながります。
 
 実習では、市販のお弁当を加工し、山芋や片栗粉などを使ってまとめるなど、飲み込みやすくする調理をしました。どのような工夫をしたかグループごとに発表し、調理したものを試食し、お互いの技術を学び合うことができました。
 また、従来のとろみ剤とは異なる「ゲル化剤」を使った調理を実践してみて、口当たりやのどごしの違いを確かめることができました。どのグループからも、ゲル化剤の特徴を利用した調理がいくつも生まれ、一歩進んだ摂食・嚥下に対応する調理ができました。
 さらに、パッククッキング(ポリ袋を利用した調理方法)を取り入れた調理で、より簡単で食べやすいおかゆや煮物ができたことも、ヘルパーの今後の活動の大きなヒントになりました。
 実習の最後には、最近増えつつある、やわらかく特殊な加工をされた配食弁当を試食してみました。これも調理の工夫を学ぶ良い機会になりました。
 
 今後も、利用者の皆さまに喜んでいただけるように、楽しく役立つ研修を行っていきたいと思います。
 
 
 
社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
世田谷ホームヘルプサービス
〒154-0017 世田谷区世田谷1-23-2
電話 03-5450-8292
 
社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
烏山ホームヘルプサービス
〒157-0062 世田谷区南烏山4-28-3
電話 03-5384-7061

各施設のご案内