ホームヘルプサービス

ホームヘルプサービスのお知らせ

ホームヘルパー基礎研修 「介護技術研修」

昨年の技術研修に引き続き、移乗・移動介助等について学ぶため、平成28715日(金) デイホーム芦花(13名出席)、728日(木)デイホーム弦巻(18名出席)においてホームヘルパーを対象とした介護技術実技研修を行いました。 講師は、世田谷区人材育成・研修センターにて介護職員初任者研修で講師を務める事業団職員が担当しました。

 

  実技研修では、5台の介護用ベッドと車椅子を使用して、ベッドから車いすへの移乗介助、おむつ交換をグループに分かれて行いました。ベッドから車いすへの移乗では、「どのようにしたらスムーズに身体を起こすことができるか」「移乗の際には介助者が利用者の身体のどこを支えるのが良いのか」、紙おむつの当て方では利用者が快適と感じる当て方を「利用者役」「ヘルパー役」を実践しながら学びました。また、自分の技術の不安を講師に聞くことができ、自己流で行ってきた自身のクセや問題点を見直すことができました。受講したヘルパーからは「身体介護のサービスに携わる機会が少なく、自信が無かったため勉強になった」「普段行っている身体介護だが、基本を学び直すことで自身の技術を見直すことができた」などの感想がありました。内容の濃い充実した技術研修になりました。


   ホームヘルパーは、1人で訪問してサービスを提供していることが多く、介護技術も自己流になることが少なくありません。定期的に基本を再確認し、自分が行っている介護を見直すことは大変重要で、個別ケアに活かしていきたいと思います。

 

 

 事業団のホームヘルプサービスは介護技術にかかわる研修を積極的に行っています。

 今後の研修は視覚障害ガイドヘルプ、精神障害、リスクマネジメントについての研修を行います。

 

 

実技研修の様子

ブログ用.png

各施設のご案内