ホームヘルプサービス

ホームヘルプサービスのお知らせ

専門性向上研修 「視覚障害研修」

 平成28年10月13日(木)事業団本部にて「視覚障害の特性を理解する」と題して、専門性向上研修がガイドヘルパーとホームヘルパーを対象に行われました。研修には普段、視覚障害者の同行援護を行っているガイドヘルパー24名とホームヘルパー43名が参加しました。

 

 研修では東京都視覚障害者生活支援センター長岡 雄一氏が講義を行い、視覚障害者の目線に立った援助方法・どのような見え方か?見え方による対応方法の違い・留意点について学びました。

 

 参加したガイドヘルパーからは「今までやってきたことの見直しになった」「障害を持っている方の視点、声掛けについて再確認できた」などの感想がありました。今回の研修ではホームヘルパーが初めてガイドヘルパー対象の研修に参加しましたがホームヘルパーからは「ここ、あっち、そっちなどの曖昧な声掛けは伝わらない」「自分のいる場所を知ることに困難さがあることなど、具体的な例から理解することができた」などの感想がありました。

 

 視覚に障害を持っている方の見え方は、100人いれば100人違う見え方をしており、見え方の違いは、その人の行動、そして気持ちに大きな影響を与えるとのことでした。同行援護従事者として、視覚障害者が安全に行動できるよう、情報を伝える時は何をどのように伝えるかの大切さを学びました。

  

講義の様子

視覚障害.png

 

事業団のホームヘルプサービスは介護技術にかかわる研修を積極的に行っています。

 

世田谷ホームヘルプサービス

154-0017 世田谷区世田谷1-23-2

電話 03-5450-8292

 

烏山ホームヘルプサービス

157-0062 世田谷区粕谷2-23-1

電話 03-6694-6765

各施設のご案内