ホームヘルプサービス

ホームヘルプサービスのお知らせ

『リスクマネジメント研修』 基礎研修

 

議題:今年度の振り返り

 

◇世田谷ホームヘルプサービス  上町本部3階会議室

214日(水)1000から1200 参加人数:27名

219日(月)1400から1600 参加人数:19名

226日(月)1800から2000 参加人数:30名

 

◇烏山ホームヘルプサービス   芦花ホーム4階会議室

218日(金)1800から2000 参加人数:15

220日(火)1800から2000 参加人数:19

 

 

今年度を振り返り、来年度に向けて利用者にもヘルパーにも、

有意義なサービスを行う事ができるように、参加者全員でリスクマネジメント

・今年度の事故・記録の書き方を検討しました。

 

 

1.リスクマネジメント研修     齋藤良介係長

  

 

IMG_5646.JPG

 

「事故はなぜ起こるでしょう?」


「個人情報とはどういう意味と思いますか?」


「個人情報を漏えいしない為には

     どうしたらよいでしょうか?」


 

  

 

グループワークを通して、事故はどのような時に起こるのか検討し、

  減らすためにはどのようにしたら良いか、参加者全員で考えました。

 

 

 

 

IMG_5653.JPG

007.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんな時は、皆、どう対応してる?」

          「えっとぉ 私は・・・・」

                               

             活発に意見交換中です。

 

 

 

 

 

2.年度の事故報告  

       坂本絹子所長(世田谷)・ 芳村裕子所長(烏山)


  

 実際起こった事故報告し、全員で共有しました。


018.JPG

 

 

「今年度は、こんな事故がありました。」

 

「えぇ! 気をつけなくっちゃねぇ」


 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.記録の書き方 

      サービス提供責任者 森田恵子(世田谷)・高木すみ子(烏山)


 

記録の意義や、利用者や家族が嫌な思いをしない書き方例を紹介し、

今後の報告書記入について考えました。

 

 

 

022.JPG

 

 

「読む人が、分かりやすいように書きましょう」

 

「時間がない中、書くの難しいけど・・

 こう書けばいいんだぁ!」


 

 

 

 

 

 

 

 

【参加者アンケートより】

・個人情報で、ヘルパーどうしのおしゃべりも気を付ける

・事故について再確認、再認識する事が多く出来て良かった。

・守秘義務がいかに大切か理解できた。

・実際の事故を聞き、今後の活動の参考になった。

・「傾眠」が医師の判断が必要な言葉というのは知りませんでした。

・報告書の書き方を学べて良かった。今後、表現を変えます。

・報告書に書くコメントに頭を痛めていましたが、今後は何か記入できそうです。

 

 

 

 

事業団のホームヘルプサービスは介護技術にかかわる研修を積極的に行っています。

 

世田谷ホームヘルプサービス

154-0017 世田谷区世田谷1-23-2

電話 03-5450-8292

 

烏山ホームヘルプサービス

157-0062 世田谷区粕谷2-23-1

電話 03-6694-6765

1

各施設のご案内