特別養護老人ホーム

最近のお知らせ

石飛医師 書籍発売のお知らせ

 

11月8日 石飛幸三医師の新作著書が発売されました。

『穏やかな死のために 終の住処 芦花ホーム物語』

出版社:さくら舎

定 価:1400円+税

 

ご希望の方は書店にてお求め下さい。

 

<石飛医師からの直筆メッセージ>

 

直筆.jpgのサムネール画像のサムネール画像

石飛先生 本.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

11月 コミュニティカフェ芦花 時間変更のお知らせ

 

11月18日のコミュニティカフェ芦花の時間が変更になりました。今回は、

 15時から16時半の間で開催いたします。お間違えのないよう、ご注意ください。

 

芦花ホームの永井管理栄養士が、食事や栄養に関する知識や、美味しく食事を摂るためのアドバイスなどについて講義を行います。

 

特別養護老人ホーム芦花ホーム(再開準備室)では、近隣にお住いの皆様、認知症の方とそのご家族等、誰もが安心して集える場として「コミュニティカフェ芦花」を開催しています。参加者の皆様と安らぎの時間を共有できるよう、職員一同努めてまいりたいと思います。皆様のご参加を心よりお待ちしております!

 

 

次回:平成301118()    15:00から16:30まで   

場所:世田谷区立芦花中学校

費用:100円(お茶・お菓子代)

 

認知症カフェチラシ(30.11月)年間(会場修正版).jpg

シンポジウム「高齢者の最期をどう迎えるか」を開催しました

 

平成301028日、烏山区民センターホールにて、シンポジウム「高齢者の最期をどう迎えるか」を開催いたしました。当日は、269名という大変多くの方にお越し頂く事ができました。

 

シンポジウム5.JPG

 

石飛幸三医師の基調講演は、「平穏死」についてこれまでご自身が関わってこられた事例も挙げながら、お話をして頂きました。一人一人に語りかけるような講演に、参加者の皆様も聞き入っておられるご様子でした。

 

シンポジウム1.JPGシンポジウム2.JPG

 

続いて、パネルディスカッションでは、関東労災病院の芳賀高浩医師をお招きし、石飛医師、事業団の田中看護師、永嶋介護士とともに「最期の迎え方」について意見交換を行いました。それぞれ違った立場からみてきた終末期や、それに伴うご家族やご本人への気持ちの寄り添い方についてなど、活発な意見交換が行われていました。

 

シンポジウム3.JPGシンポジウム4.JPG

 

最後には、参加者の方からの質問も受け付け、大変盛況の内に幕を閉じることができました。皆様と、自身や家族の最期の迎え方について考える、特別な機会となりました。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

芦花ホーム再開準備室では、今後もセミナーの実施を予定しております。皆様、お誘いあわせの上、ぜひご参加お待ちしております。

 

 

今後のセミナー予定

1113日(火)14001600 烏山区民センター第4会議室

「認知症を理解する」(全3回)

講師:佐々木静枝氏(事業団看護師特別参与)

1127日(火)14001600 粕谷区民センター第3会議室

 「福祉のよろずセミナー」(全3回)

『福祉用具を活用して省エネ介護』講師:宮澤貴之氏(駒沢病院理学療法士)

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11