特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム 上北沢ホームのお知らせ

夏はやっぱり花火でしょ! 上北沢ホーム

kamikita-hanabi200908.jpg
上北沢ホームの夏の心意気を花火にこめて・・・恒例の花火大会を、今年は8月25日から27日、三夜連続で楽しみました。
会場は、1階玄関前広場。また、この期間、夜の事務室は、観覧特別室に変身です。
少し早めの夕食後、皆さんちょっとお洒落したりして、大集合。
毎夜フロアごとに趣向を凝らした演出で、手持ち花火、吹き上げ花火、そして手づくりナイアガラなど、各日150本程の花火が、ご利用者やご家族、近所の方々を照らしました。


「うおっ、きれいだねえ」
「子ども時代はよくやったもんだ」
「両国の花火みたい」

 
「またやりましょうね」の拍手でフィナーレを迎える頃、日はどっぷりと暮れ、さっきまでの蝉しぐれは、秋の虫の声に。
季節の変化を皆で実感したひとときでもありました。


社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
上北沢ホーム
世田谷区上北沢1-28-17
電話 03-3306-5155

〜上北沢ホームの介護ノウハウを〜  「車いす介助の入り口」

kamikita-kurumaisu-20080806.jpg
上北沢ホーム納涼祭で行った車いす体験コーナー「車いす介助の入り口」には、たくさんの方々のご参加ありがとうございました!


参加者は、日大文理学部の学生の付き添いで、ホーム周囲の坂道、段差、地面の穴、狭い道、自転車等の障害物…などの“関門”を通過していただきました。


車いすに「乗る」「動かす」「止まる」「押す」などの体験を通して、無事ゴールした方々の感想を、少しですが紹介いたします。


*押すのは大変。
  →気を遣う・重い・段差越えは困難。
*自力で動かすのは大変。
  →高齢の方を見直した・肩が痛い
*ベビーカーで慣れていたつもりだっが、新しい発見がいっぱいあった。
*道路はこんなにデコボコだったのか。
  →怖かった・疲れた・振動がきた

  
ふだん町で見かける車いす…、介助や操作の方法をお知りになりたい方は、上北沢ホーム下記宛に、どうぞお気軽にご連絡ください。
当日介護職員や機能訓練指導員たちが説明した、介助や操作のポイントなどをお知らせします。


<お問い合わせ先>
上北沢ホーム
メールアドレス:kamikitazawa@setagayaj.or.jp
 ※件名に「車いす介助」とご記入ください

1

各施設のご案内