特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム 上北沢ホームのお知らせ

研究発表をしました 「多職種で取り組む、褥創(じょくそう)を作らない!ケア」 上北沢ホーム

kamikita-active2009.jpg 9月30日(水)、東京都社会福祉協議会主催「アクティブ福祉in東京‘09」で、実践報告を行いました。
テーマは「多職種で取り組む、褥創(じょくそう)を作らない!ケア」

 

<上北沢ホーム手作り“穴あきパット”試用を通して>

 

ご利用者の褥創等の皮膚トラブルが増えている現状から、上北沢ホームでは、「褥創等の皮膚トラブルの改善・予防」を、平成21年度の重点ケア目標に掲げて、施設全体で新しい方法に取り組んでいます。 新方法の試行を通して、褥創ケアを医療処置としてではなく日常の介護行為として位置づけ、看護師だけでなく介護職員など多職種が力を合わせてケアにあたることにしました。その結果、皮膚トラブルに対する施設全体の意識が高まり、観察力が向上し、より早期発見・早期対応が可能になりました。 当日会場は、椅子が足りない程の参加者。また、発表後には、看護主任、フロア介護主任、管理栄養士、機能訓練指導員が、各々多数の質問をいただくなど、とても貴重な学びができました。 これからも、ご利用者一人ひとりに最も適切なケアを実施できることを目指して、工夫改善へのチャレンジを続けてまいります。

 

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団

上北沢ホーム

世田谷区上北沢1-28-17

電話 03-3306-5155

メール kamikitazawa@setagayaj.or.jp

各施設のご案内