特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム 上北沢ホームのお知らせ

秋空の下へ さあ、皆さん出かけましょう  上北沢ホーム

kamikita-rokapark201010.jpg10月17日(日)、秋の風を感じに、上北沢ホームのご利用者は、ご家族やボランティアと共に、近くの芦花公園へ出かけました。

 

 

長時間の遠出が難しい経管栄養の方も、長時間座る姿勢を保つのが難しい方も、今日は思い思いのおしゃれをして出発です。

 

 

お化粧をされたり、明るい色の膝掛けを選んだり、車いすの皆様は、とても晴れやかな表情でした。

 


一番目のグループは、朝の清々しい空気の中を散策。花壇を植えかえ中の方々が声をかけてくださり、花苗を囲んで、しばし世間話を楽しまれました。

 


午後いちばんのグループは、経管栄養にてお昼を済ましてから、ティルト型車いすで颯爽と出かけました。
いつにも増して大きな声で、郷土の昔歌や演歌を職員と歌い出すご利用者。
秋空をきょろきょろ見上げては、眩しくて顔をしかめ、また見上げて、を繰り返すご利用者。

 


三番目のグループは、ご家族と共におやつを。普段は食が細い方も、皆様用意したケーキをぺろりと召し上がり、ご家族も大喜びされていました。

 


15人のご利用者の、それぞれの秋の一日でした。

 

 

 

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
上北沢ホーム
世田谷区上北沢1-28-17
電話  03-3306-5155
メール kamikitazawa@setagayaj.or.jp

今日のお昼は手まり寿司バイキング  上北沢ホーム

kamikita-temarizushi201010.jpg10月17日(日)は、恒例のてまり寿司バイキング。

ご利用者の人気メニューです。

 

うなぎに錦糸卵、秋茄子に鮭、蟹かまをのせた色とりどりのお寿司に、人気メニューの空也蒸しなど。今日のデザートは柿です。

 

お替わりの大皿もどんどんまわってきて、ご利用者は、「どれにしましょう」「そうねえ」と、目移りしながらもたくさん召し上がってくださいました。

 

ふだん、選んだり迷ったりする機会がそう多くない施設での生活。

食事に関しても、個別ケアを進める中で、それぞれの方に合った食事形態にしてきめ細かな対応を行う他にも、目や舌で選んでいただける食事や、旬の食材を使った季節感ある献立、おやつ作りなど、日々工夫を重ねております。

 

これからも、お好みなどを聞きながら、食事の時間を大切な生活の一場面として充実させていきたいと思います。

 

 

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
上北沢ホーム
世田谷区上北沢1-28-17
電話  03-3306-5155
メール kamikitazawa@setagayaj.or.jp


 

上北沢ホームの実践発表【車いす体験で地域へ】 上北沢ホーム

kamikita-active-kurumaisu.jpg10月5日(火)。今年も、東京都社会福祉協議会主催の高齢者福祉研究大会(アクティブ福祉in東京‘10)で発表を行いました。

 

テーマは「きっかけは車いす!車いすが運ぶ地域との明日」

日頃お世話になっているたくさんのボランティアの方々の役に立ちたいという思いで始まった、地域住民を対象とした車いす体験講座。

その後、職員提案によりチーム「車いす体験してみません科」が発足し、職員が介護ノウハウを持って地域に出て、「車いす体験」を行っています。

そこから得る多くの学びについて報告をしました。

 

地域の一員として、特別養護老人ホームが地域と顔の見える関係でつながること。

また、介護の世界を様々な年代の方々に知っていただくこと。

それは、特別養護老人ホームで働く私たちの役割だと、この発表を通してあらためて確認することができました。

 

■発表の抄録は下記をクリックしてご覧ください(PDFファイルで開きます)。

 active-hukushi-shouroku-kurumaisu.pdf

 

 

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
上北沢ホーム
世田谷区上北沢1-28-17
電話  03-3306-5155
メール kamikitazawa@setagayaj.or.jp

1  2

各施設のご案内