特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム 芦花ホームのお知らせ

芦花ホーム主催セミナーを開催しました

 写真1_30.12.20.png

 

 平成30年12月20日、粕谷区民センターにて「住み慣れた地域で平穏な最期を迎えるために」

(石飛医師講師)を開催いたしました。

 今回は広い多目的ホールで開催し、75名の方にご参加いただきました。

 

写真2_30.12.20.png 写真3_30.12.20.png

 

石飛医師が「平穏死」という考え方を持つまでの経緯や、芦花ホームで看護職・介護職と連携して取り組まれてきた事例をとおして、ご本人・ご家族にとって「平穏な死」とは何かを、心に染み入るような語り口でお話しいただきました。

 

 

最後は石飛医師より、参加者の皆様から意見や感想を募りました。

 

写真4_30.12.20.png 写真5_30.12.20.png

 

介護経験者の方、芦花ホームでボランティアをされている方、区民成年後見人の方、特別養護老人ホームの介護職員の方から様々なご意見が述べられ、それぞれの立場から、ご自分の、そして大切な人の最期をどう迎えるかを考える良い機会となりました。

 

【次回セミナーのお知らせ】

 芦花ホーム主催のセミナーも、残すところあと2回となりました。皆様、ぜひご参加ください。

 

〇平成31年1月15日(火) 午後2時から4時まで (午後1時30分より受付開始) 

 場所:烏山区民センター3階 第4会議室

 認知症を理解する3 『認知症の人を知る』

講師:岡崎一也氏(事業団常勤介護職員)

 

 〇平成31年1月29日(火) 午後2時から4時まで (午後1時30分より受付開始)

       場所:粕谷区民センター2階 第3会議室にて

福祉のよろずセミナー3 『介護保険の制度、相談窓口の機能について』 

講師:三澤百合子氏・飯島裕子氏(あんしんすこやかセンター職員)

芦花ホーム大規模改修レポート10

 芦花ホーム大規模改修の進捗状況をお知らせします。

 [12.5現在の様子]

 

 写真1(30.12.14工事).png

   ↑4階屋上庭園

 

4階屋上庭園の様子です。綺麗に何も無くなり、塗装がされていました。これから土台を作り、植物が植えられる予定です。

 

写真2(30.12.14工事).png

  ↑空調室外機

 

こちらは、空調室外機です。内部の空調関係が一新されたので、こちらも新しく大きな物になっていました。パワーがありそうです。

 

写真3(30.12.14工事).png

  ↑4階廊下

 

4階廊下の様子です。今は真っ白ですが、これから壁紙の塗装が施される予定となっています。フロアごとに異なる色になる予定なので、休館前とはまた雰囲気が変わりそうです。

 

写真4(30.12.14工事).png

  ↑エレベーター内部

 

エレベーター内部の様子です。こちらも、これから塗装が施されます。職員も、どのような雰囲気になるか楽しみにしているところです。

いよいよ内装というところで、再オープンが近づいてきていることを実感しています。

また、進捗状況をお知らせしていきます。

 

芦花ホーム休館の間は、「芦花ホーム再開準備室」を開設し、場所を変更して運営しております。今までどおり、ご相談やご連絡などございましたら、下記までご連絡をお願いいたします。

 

[芦花ホーム再開準備室]

住所:世田谷区南烏山4-28-3

電話:03-6778-5800

FAX : 03-6778-5803        

芦花ホーム主催セミナーを開催しました

 

12月11日 芦花ホーム主催セミナーテーマ3「認知症を理解する」の第2回目を烏山区民センターにて開催しました。

当日は寒い中、リピーターの方や、初めていらした方も含め26名の方にご参加いただくことができました!過去のセミナー資料を持ち帰る方も多くいらっしゃり、認知症や福祉に関しての関心の高さがうかがえました。

写真1(30.12.14セミナー).png 写真2(30.12.14セミナー).png

今回の講師は、若年認知症サポートセンター職員の木舟雅子氏。医療ソーシャルワーカーとして、長らく若年性認知症の方やそのご家族に携わられてきました。

以前、コミュニティカフェ芦花でも講師をしてくださったり、外部での講師もされたりと、精力的に講師活動もされています。

写真3(30.12.14セミナー).png

今回は、「認知症かなと不安に思ったら」というテーマのもと、世田谷区の認知症あんしんガイドブックに沿いながら、自分や家族が認知症になったらどうすれば良いかなど、具体的な講義が行われました。

写真4(30.12.14セミナー).png

また、ご自身の医療ソーシャルワーカーとしての経験を踏まえ、事例等もあげながらお話して下さいました。実際に認知症になったらどういった事に不安を感じるか、そうならない為にもどういった準備をしておく事が大切か等、具体的な内容でした。

会場からは、「ここに来て、自分のために予習しています」「話が面白かった」等の声が寄せられました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

 

次回のセミナーは、12月20日(木)。事業団常勤医師の石飛幸三氏を講師にお迎えし「住み慣れた地域で平穏な最期を迎えるために」というテーマで開催の予定となっております。会場は、粕谷区民センターの多目的ホールとなります。当セミナーのみ事前申込み制とさせていただいておりますので、ご興味・ご関心のある方はお早めにお申し込みくださいますよう、よろしくお願いいたします。芦花ホーム再開準備室スタッフ一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております!

 

【今後のセミナー予定】

●12月20日(木)14:00―16:00 粕谷区民センター多目的ホール

 「福祉のよろずセミナー?」(全3回)

『住み慣れた地域で平穏な最期を迎えるために』講師:石飛幸三氏(事業団常勤医)

※この回のみ事前申し込み制となっております

●1月15日(火)14:00―16:00 烏山区民センター第4会議室

「認知症を理解する?」(全3回)

講師:岡崎一也氏(事業団介護職員)

1  2

各施設のご案内