訪問看護サービス

訪問看護サービスのお知らせ

ご利用者に講義へご協力いただきました 訪問看護ステーション

keyaki-higashigaoka.jpg平成22年10月26日、(独)国立病院機構東京医療センター付属東が丘看護助産学校にて、訪問看護ステーションのご利用者が、講義に参加してくださいました。

東が丘看護助産学校では、事業団訪問看護ステーションの所長3名が、在宅看護論について講義を行っています。その中で、ご利用者の生の声を伝えたいと考え、昨年に続き大塚様ご夫妻に協力をお願いしました。

 

大塚様は、14年前にALS(筋萎縮性側索硬化症)の診断を受け、ご自宅で人工呼吸器をつけて暮らしています。

今ではほとんど体を動かせず、10分おきにたんの吸引が必要ですが、眼球を左右に動かすことで意志の疎通が可能です。

ご主人は、ホームヘルパー等とともに、奥様を24時間体制で支えています。

 

ご主人は、現在受けている様々なサービスや介護者の苦労等、熱心にお話しくださいました。

そして、「できないとあきらめるのではなく、どうしたらできるのか考えることが大切」とのお言葉どおり、お二人は奥様ご希望の場所へ旅行されているとのことです。

 

在宅で生活するために、たくさんのサポートがあり、特に医療処置の必要な方にとって、訪問看護は重要な役割を担っています。

これからも、事業団訪問看護ステーションは、ご利用者の在宅療養生活を支援していきたいと考えています。

 


社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
訪問看護ステーションけやき
〒154-0017 世田谷区世田谷1-23-2
電話 03-5450-8806

在宅医療の充実を図るために  訪問看護ステーション

kango-renkei201011.jpg

平成22年10月22日(金)に、事業団本部会議室において世田谷区内の訪問看護ステーション管理者連絡会(以下管理者会)が開催されました。


世田谷区で4ヶ所の訪問看護ステーションを運営する事業団では、管理者会の事務局の一翼を担い、区内全体の訪問看護事業所の情報共有や密接な連携を図っていくため、訪問看護の様々な課題に取り組んでいます。
今回のテーマは「指示書を通して診療所と看護師間の連携を強化する」ということで、世田谷区医師会の医師と意見交換を行いました。
このような医師と訪問看護師の交流会は今年で3回目の開催となります。
訪問看護では、医師の指示書がなくては訪問できません。そのため、ご利用者の在宅療養生活は、訪問看護師と医師との結びつきが重要になります。交流会では、求められる指示書の記入の仕方について、訪問看護管理者から説明やお願い、医師からのご意見が闊達に交換されました。

 

その他にも、管理者会では、訪問看護師を確保・育成するため、世田谷区及び世田谷区福祉人材育成・研修センターと合同で、看護師向け研修「見て!聞いて!!触って まなぶ いまどきの医療機器」を開催し、潜在看護師の発掘という活動も行っています。
(詳細はこちらhttp://www.setagayaj.or.jp/jinzai/2010/10/post_183.html

 

これからも事業団の訪問看護ステーションは、高齢者や障害者が24時間安心して在宅生活が送れるように、他の訪問看護事業所や医師と協力し合いながらサービスの向上に努めていきます。

 

 

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
訪問看護ステーションけやき
〒154-0017 世田谷区世田谷1-23-2
電話 03-5450-8806 


 

1

各施設のご案内