訪問看護サービス

訪問看護サービスのお知らせ

訪問看護ステーション 9月定例研修会「小児のてんかんと治療及びその対応」

9月定例会(加工済み).JPG

10日の定例研修会では国立成育医療研究センター総合診療部の水口浩一先生をお招きして、「小児のてんかんと治療及びその対応」というテーマでご講義を頂きました。

当事業団の訪問看護ステーションには多くの小児のご利用者がいらっしゃいます。また、今年度から、世田谷区の障害者施策「重症心身障害児()在宅レスパイト事業」を受託し、小児のご利用者を訪問する職員が増えました。さらに、子育てをしながら就業している職員も多いため、今回のテーマをとても身近に感じたという感想が多くありました。

小児看護に携わったことのない職員にとっては難しいテーマでしたが、てんかんの分類と治療の実際など基本的なことから、成長に伴う病状の変化や重症心身障害児への対応まで、大変分かりやすくご講義を頂きました。また、質疑応答では、薬の調整や発作時の対応について多くの質問があり、職員が日々悩みながら訪問している様子が分かりました。それぞれの質問に対し、水口先生よりご丁寧にご回答頂き、課題解決への一歩となりました。

ご講義の中では、「てんかんを目撃するご家族のショックを思いながら診療しています」という先生の温かい姿勢に感銘を受けました。私たちもご家族の思いに寄り添いながら、適切なアセスメントと対応ができるよう、知識と技術を身に付けていきたいと改めて感じました。

 

 

 

世田谷区社会福祉事業団 訪問看護ステーション

連絡先:訪問看護ステーションけやき

〒154-0017 世田谷区世田谷1-23-2

電話番号 03-5450-8806

各施設のご案内