訪問看護サービス

訪問看護サービスのお知らせ

訪問看護ステーション 6月定例研修会「在宅に役立つCOPD管理」

6月は、「在宅に役立つCOPD管理」について研修会を行いました。

講師は日産厚生会玉川病院に勤務されている長晃平先生でした。

COPDは病気全体からの割合は癌や脳血管疾患より少ないですが、患者は年々増え続け取り残された生活習慣病といわれている病気です。

訪問看護では包括的呼吸リハビリテーションが大切で、患者教育や薬物療法だけではなく、運動療法や呼吸理学療法・栄養指導・精神的サポート・社交活動等様々な援助が必要なことが理解できました。

それぞれに合ったケアを考え取り組んでいきたいと思います。

 

6月定例会掲載用.jpg

6月定例会 (2)ブログ掲載用.jpg

各施設のご案内