トピックス

「せたがや福祉区民学会」設立大会を開催しました

hukusi-kumin-gakkai2009.jpg12月12日(土)、駒澤大学にて「せたがや福祉区民学会」設立大会を開催しました(主催:せたがや福祉区民学会 発起人会 共催:世田谷区、世田谷区社会福祉事業団、世田谷区社会福祉協議会、駒澤大学)。

大会には400人もの方々が参加、昨年12月に開催された準備大会(会場:昭和女子大学)に続き、活況を呈しました。

 

石井哲夫氏(日本社会事業大学名誉教授)による基調講演に続き、大会テーマ「学びあい、ひろげよう せたがや福祉の輪」の下に、区民をはじめ学生・研究者、福祉・介護従事者等による45の実践研究発表がありました。

当事業団は口腔体操の取り組みなど6つの研究事例を発表、ともに学びあう貴重な機会を得ました。

今後とも当事業団は本学会の運営に尽力しながら、世田谷の福祉の輪を広げていきたいと考えています。

 

■当事業団の研究事例発表

・「地域における精神訪問看護師の役割とは・・・私たちは何の職業の人?」

訪問看護ステーション北沢 小松 弘美

 

・「地域の民生委員とあんしんすこやかセンターの効果的な情報共有と連携の強化をめざして」

北沢あんしんすこやかセンター 念佛 久子

 

・「くせになるショートステイを目指して 〜利用者本人に焦点をあてたケア〜」

特別養護老人ホーム 上北沢ホーム 瀬田 みゆき、中浜 崇之

 

・「デイ・ホームで行う失語症コース「アトスの会」の取り組みと実践事例 〜いつまでも自分らしく輝き続けるために〜」

デイ・ホーム世田谷 田村 正憲、田野 和枝、谷内 智枝子

 

・「歯科衛生士と介護士による口腔体操への取り組みと利用者の方への効果」

特別養護老人ホーム 芦花ホーム 那須 康樹、市川 龍太郎、渡辺 三恵子

 

・「高齢者デイサービスを「セルフヘルプ・グループ」的なものとして捉えてみる」

デイ・ホーム松原 岡田 伊弘

 

[お問い合わせ]

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団

世田谷区福祉人材育成・研修センター

世田谷区成城6-3-10

電話 03-5429-3100