トピックス

事業団の広報紙「せたがやパートナー」68号を発行しました。

事業団の広報紙「せたがやパートナー」68号を発行しました。

 

平成28年4月からの障害者差別解消法施行に伴い、広報紙「せたがやパートナー」では文字情報をデジタル信号に変えることで、視覚障害者などが音声でその情報を知ることができる音声コードを各ページに挿入しています。音声コードを専用の活字文書読み上げ装置で読み取ると、掲載情報を音声で聞くことができます。

 

 

「パートナー」は事業団の運営する事業所、世田谷区の各区民センター、まちづくりセンター、あんしんすこやかセンター、図書館、及びスーパーマーケット「オオゼキ」上町店、松原店、下北沢店、八幡山店、千歳烏山店、祖師谷大蔵店、 ユニクロ(千歳台店)で配布しています。

また、当ホームページにも公開しておりますので、ぜひご覧ください。

 

PDF版はこちらをクリックでご覧いただけます。

テキスト版はこちらをクリックでご覧いただけます。

平成30年7月豪雨災害義援金についてのお礼とご報告

世田谷区社会福祉事業団では、各事業所の窓口に募金箱を設置し、平成307月豪雨災害義援金で被災された方たちのために、義援金を受け付けてきました。

9月30日までに皆様からお寄せいただきました義援金の総額は38,231円となり、日本赤十字社「平成30年7月豪雨災害義援金」に振り込みましたことをご報告いたします。

皆様の温かいお気持ちに感謝いたします。

ご協力ありがとうございました。

 

平成30年10月15日

【芦花ホーム 区民向け無料「シンポジウム」を開催します】

  芦花ホームでは、区民向け無料シンポジウム『高齢者の最期をどう迎えるか』を開催します。

皆様のご参加をお待ちしております。

 ※芦花ホームは大規模改修のため、平成30年5月21日から平成31年4月30日まで休館しています。

◆開催日時

平成301028日(日)1400から1600まで(受付開始 1330から)

 

◆プログラム

1、基調講演

テーマ:『高齢者の最期をどう迎えるか』

講師:石飛 幸三氏(事業団常勤医師)

 

2、パネルディスカッション

パネリスト:芳賀 高浩氏(関東労災病院医師)

      田中 君子氏(事業団看護師)

      永嶋 千秋氏(事業団介護職員)

 

3、質疑応答

 

◆会場

烏山区民会館ホール(千歳烏山駅北口徒歩2分)

東京都世田谷区南烏山6-2-19

 

◆問い合わせ先

芦花ホーム再開準備室

東京都世田谷区南烏山4-28-3

電話03-6778-5800

シンポジウム.jpg

 

 

前の3件 1  2  3  4