BLOG

訪問看護ステーション9月定例研修会

  • 活動報告
  • 2019年11月29日

9月の定例会研修会は、TMGあさか医療センターの久保田有一先生に「高齢者のてんかん」について講義をして頂きました。

 

高齢者に多い「てんかん」は脳卒中など器質疾患に伴うてんかんと、加齢に伴う高齢発症てんかんがあり、後者のてんかんは高齢者の増加に伴い、増えてきているとの話でした。また高齢発症てんかんの特徴は、けいれんがなく発作後のもうろうとする時間が長いため、認知症に間違われやすい症状で見逃されやすいとの事でした。

 

ふだん関わっている私たちが知識を持ち、疑わしい症状に早めに気づき、速やかに医療機関に繋げていけるようにしていきたいと思います。

 ​​​​

メニュー