社会福祉法人 世田谷区社会福祉事業団 採用サイト

経験豊富な先輩、充実した研修制度。常に自分を高められる職場環境

介護の仕事を志したきっかけを教えてください

大学では福祉系の学部で学んでいましたが、入学した頃はまだはっきりと福祉関係の仕事に就こうとは考えていませんでした。あるとき友人に誘われ、障害のある子どもたちのキャンプにボランティアとして参加する機会があり、そのことがきっかけでだんだんと福祉関係の仕事に関心が湧いてきました。その後、事業団に入職し、最初は特養ホームに配属されました。ケアマネジャーの資格を取得したきっかけは、特養ホームで勤務を続けるうちに、施設の外にも目を向けてみたいと考えるようになり受験を決意しました。現在は居宅介護支援事業所でケアマネジャーとして働いています。

現在はどのような仕事をしていますか

ケアマネジャーの仕事は、要介護者の方やご家族が住み慣れた地域で安心して生活できるよう、相談を受けたり、サービス調整を行うことです。もちろん、質の高いサービスを提供するためには、利用者のご自宅での様子や、ご家族や地域の方々とどう関わって生活しているのかといった、その方の生活全体を把握することが必要です。実際、そうした広い視野を持ちながら余裕を持って対応できるようになるためには、自分自身がさらに経験を積み重ねる必要があると思います。こうした点では、事業団には私と同じようなキャリアを持った先輩職員がたくさんいるので相談しやすく、また職員研修や研修制度も充実しているので、常に自分を高めることができます。そういう意味で、恵まれた職場環境で仕事ができていると感じています。

今後の目標について教えてください

私はこれまで特養ホームの介護職員、そして現在のケアマネジャーと経験してきましたが、事業団は他にも訪問介護、訪問看護、通所介護、地域包括支援センター等様々なサービスを展開しています。こうしたことは業務上、多職種で連携しやすいというメリットはもちろん、自分自身のキャリアを考える上でも良い環境だと思います。こうしたことを活かして、今後も積極的にステップアップしていきたいと思います。特に個人的には特養ホームでの勤務が長かったので、これまで培った経験をもっと生かしていくことができればと考えています。利用者やご家族と接する際には、より良い信頼関係を築きながら、その人らしい生活を継続できるように、一生懸命に支えていける、そんなケアマネジャーを目指したいと思います。

ある1日のスケジュール

今日の仕事から

求人情報はこちら

ページの先頭へ