社会福祉法人 世田谷区社会福祉事業団 採用サイト

充実感・やりがいを感じ、視野が広がる事業団での働き方 デイ介護職 玉田 清朗

介護の仕事を志したきっかけを教えてください

特別養護老人ホームで働いていた知人から、利用者の笑顔や、お礼の言葉にやりがいを感じるという話を聞いたのがきっかけです。もともとは全く別の業界で働いていたのですが、自身のこれからの職業人としての人生を考えた時に、知人の話もあって介護の仕事に興味を持ちました。それで、まずヘルパーの資格を取るため夜間の学校へ通いました。仕事をしながら夜間の学校へ通ったので、時間のやりくりなど大変な事もありましたが、色々な仕事をしている人が学びに来ていて、その人たちと一緒に学んでいくなかでさらに、介護に対する興味が深まっていきました。

現在はどのような仕事をしていますか

現在は、通所介護施設の介護職員として利用者の日常生活のお手伝いなどをしています。私は、上北沢ホームに非常勤職員として入職して、2年後に正規職員になりました。その後は、より利用者の役に立ちたいという思いや、自分自身のステップアップになるようにと介護福祉士、介護支援専門員の資格をとり、芦花ホームの介護職員、世田谷一丁目介護保険サービスではケアマネージャーと様々な職種を経験してきました。芦花ホームでは看取りに携わってきましたが、利用者はもちろんご家族の気持ちに寄り添い、多職種のチームで取り組むことはとても勉強になりました。また、世田谷一丁目介護保険サービスでは、在宅生活を支援していくために、様々なサービスがあることを学びました。現在勤務している通所介護は、ご家族の負担軽減だけでなく、利用者本人の生活のリズムを整え、健康を維持する事に関して有効なサービスだと思います。利用者やご家族にそれを実感していただけるように、これまでの経験を活かして前向きに取り組んでいきたいと考えています。

これから介護の仕事を目指す人へのメッセージをお願いします

介護の仕事は、やればやるほど奥が深く難しいと感じます。ですが、様々な場面で利用者やご家族の方から受ける信頼やいただく言葉に、充実感、やりがいを感じることが出来る仕事だと思います。様々なサービスを展開している事業団では、戸惑う事もありますが、周囲の職員のサポートや先輩職員からの指導を受けながら、たくさんの事にチャレンジできるので、これから介護の仕事を目指す、できるだけ多くの人にこの充実感ややりがいを感じてもらいたいと思います。

ある1日のスケジュール

今日の仕事から

求人情報はこちら

ページの先頭へ