社会福祉法人 世田谷区社会福祉事業団 採用サイト

訪問看護師 訪問看護師としてのやりがい、在宅生活を支援するために

訪問看護の仕事を志したきっかけを教えてください

看護師としてのスタートは総合病院でした。およそ8年勤務したのですが、その中である終末期の患者さんを看取ることがありました。ご家族は最期の日まで毎日のように病院にお泊りになられ、患者さんのお部屋はその方のお家のようでした。総合病院での仕事も充実していたのですが、この出来事から在宅で看取るということを考えるようになり、そこから訪問看護師という仕事を志すようになりました。

現在はどのような仕事をしていますか

訪問看護師として、高齢の方や、病気や障害のある方等の看護をしています。利用者の方の状況は様々で、もちろん利用者の中には終末期の方もいらっしゃいます。今、訪問看護師として実際働くようになって、家族看護の大切さを感じています。ご本人がどんな思いで病院から自宅に帰られたのか、そして、その方を支えるご家族の思い、こうしたものを自分なりに感じ考えて、そして自分のできる役割を見つけることが、訪問看護師として大切だと思っています。病院等で看取る場合、時として家族が置き去りになることもあります。しかし、在宅ではご本人、ご家族、医師、そして訪問看護師が一緒になって考えていく。そうした自分の関わりに責任感を持って取り組めることにやりがいと充実感を感じています。

これから訪問看護の仕事を目指す人へのメッセージをお願いします

私は総合病院を経て訪問看護師になりましたが、本人が強く志すのであれば、最初から訪問看護師になる道もあるのかなと思います。確かに病院であればたくさんの症例を経験することができるので、そうしたことが在宅で仕事をする時に安心感になると思います。在宅であれば、利用者の方にいきなり本番となるわけで、やはり1人で訪問する不安は少なくないです。しかし、初めて使う機器であればしっかりと勉強会を行う等、丁寧なフォロー体制もあり、不安・負担を減らす様々な工夫が進んでいます。ですから、まっさらな人でも、本人のやる気次第なのかなと思います。私も最初はすごく不安でしたが、先輩看護師と同行訪問させていただいたり、悩み事があれば相談したりと、一つずつ不安を払拭していきました。事業団の訪問看護は職員間の連携が本当に充実しています。ですから、私もそうした環境があって最初の1年を乗り越えられたんだなと思います。やる気があれば、是非門を叩いてほしいと思います。

ある1日のスケジュール

今日の仕事から

求人情報はこちら

ページの先頭へ