社会福祉法人 世田谷区社会福祉事業団 採用サイト

異業種からの転身、笑顔になれる仕事って素敵

介護の仕事を志したきっかけを教えてください

大学を卒業後、まったく別の業界で働いていましたが、ふと立ち止まり、もう一度勉強して何か自分らしく働ける場を探すようになりました。そんな時に、介護の仕事を知りました。未知の世界ではありましたが、資格の勉強をするうちに自分にできそうな気がしてきました。はじめてみると確かに大変なことも少なくないのですが、それ以上にやりがいがあり、幅も奥深さもある仕事だとわかりました。何より自分を磨いてくれる仕事だと、今は実感しています。

現在はどのような仕事をしていますか

今の仕事は訪問介護事業所でサービス提供責任者をしています。訪問介護は利用者の生活の場へ実際に訪問し、その方らしく暮らせるようにサポートするお仕事です。そのためには、ケアマネジャーや他のサービス事業者と連携することが大切です。時には会社の垣根を越えて、そのお一人を支えるという難しさもありますが、いくらかでもその方のお役に立てたと思えた時には、とてもやりがいを感じられます。またご利用者には、高齢者だけでなく、障害のある方等様々な方がいらして、求められるスキルは高いのですが、その分、自分の仕事の幅は広がると思います。

今後の目標について教えてください

今のホームヘルプの仕事で実績を重ねることが当面の目標ですが、事業団は様々なサービス事業所を展開しています。私も入職時は特養ホームでの勤務でしたが、今は訪問介護で働いています。ですから、今後も機会があれば、違うサービス事業所でまた別のキャリアを積み重ねていくことも考えています。そして、後から続く職員にとって目標とされるような存在になれればと思います。

これから介護の仕事を目指す人へのメッセージをお願いします

異業種から介護の仕事をはじめる時、私も最初は覚えることが多く、戸惑うことも少なくありませんでしたが、この仕事は働く中に楽しみを見つける事もできる仕事だと思います。利用者との関わりであったり、同僚とのやりとりであったり、そうした日々の中で積極的に楽しみを探しながら働くことで、この仕事の面白みを感じられるのではないかと思います。1日1回は大笑いできる仕事って素敵だと思います!
介護技術は進歩しますし、自分でそのスキルをアップデートする必要もあり、色々と努力や研鑚が必要な仕事ですが、とてもやりがいのある仕事だと思います。

ある1日のスケジュール

今日の仕事から

求人情報はこちら

ページの先頭へ