社会福祉法人 世田谷区社会福祉事業団 採用サイト

社会福祉士 頼りにされる相談窓口であるために、みんなで一緒に取り組む職場風土

介護の仕事を志したきっかけを教えてください

自分の祖母を思いがけず早くに亡くしてしまったことです。私は小さな頃、祖母に自分の面倒をよくみてもらっていたのですが、祖母に何も恩返しをできなかった思いがありました。そうした時に、祖母への恩返しではありませんが、高齢の方の生活のお手伝いをすることで、何か役に立つことができないかと考えるようになったことがきっかけです。実際に仕事で高齢の方に接すると、やはり自分と違った時代を生きていた方々であり、お話の中身や考え方に、新たな発見や勉強になるなと思うことがあります。

現在はどのような仕事をしていますか

今は地域包括支援センターで社会福祉士として相談援助業務に従事しています。地域包括支援センターは地域の高齢者を支援するために設置された相談窓口ですが、窓口で相談を受ける他にも、地域づくり等のために、クラブ活動やサロンへこちらから出向いていくこともあります。
私は、事業団に新卒で採用された時、特養ホームに配属となりました。事業団は広く事業を展開しているので、自分の場合、そうした特養ホームで勤務した経験を活かして今の仕事ができていると思います。例えば、相談窓口に来られた方で特養ホームについて質問があった時には、その経験を活かし、実際の現場の雰囲気が少しでも伝わるよう説明しています。また、丁寧にお話をうかがうよう心がけており、「あなたに相談してよかったわ」と言っていただけた時は、本当にやりがいを感じます。

これから介護の仕事を目指す人へのメッセージをお願いします

介護の仕事も様々ですが、今の相談業務で言えば、例えば高齢の方であれば身体状況ばかりに目がいきがちです。しかし、その方お一人を取り巻く生活環境に着目しなければ、その方らしさを実現することができないこともあります。もちろん、窓口に来られる方からは様々な事柄を相談されますし、そうしたことに答えるにはまだまだ勉強が必要だと感じています。事業団では研修制度も充実していますし、特に職員みんなで一緒になって考える風土があると感じています。特養での勤務の頃もそうでしたが、全部一人でやろうとするのではなく、みんなで一緒に考えて、色々と模索して、それでより良い結果を得られるように取り組むという仕事の仕方が身についている気がします。自分だけが負担に思ったりすることなく、どんどん相談できる、事業団はそんな職場環境だと思います。

ある1日のスケジュール

今日の仕事から

求人情報はこちら

ページの先頭へ