社会福祉法人 世田谷区社会福祉事業団 採用サイト

特養介護職 契約職員からのステップアップ、キャリアを積み重ねること

介護の仕事を志したきっかけを教えてください

私自身、母を病気で看取るということを経験しました。その際、自宅療養ということで、介護士や看護師の方に自宅に訪問してもらいました。一生懸命ケアしてくださる姿に、本当に素敵な仕事だなと感じました。その時は社会人としてまったく別の業界で働いていたのですが、ちょうど転職も考えていて、どんな業界に進むべきか悩んでいました。そこで、母に介護の仕事について話した所、「あなたに向いていると思う」と最後の一押しをしてもらって、それで思い切って介護業界に飛び込むこととなりました。資格は当時のヘルパー2級を取得し、事業団の特養ホームに契約職員として入職しました。

介護業界に転身されて感じたことを教えてください

特養ホームの契約職員としてスタートした時は、まだ右も左もわからない状態でしたが、先輩職員から利用者の方との接し方から具体的な介護技術、そして、仕事を続ける上で必要な考え方等、一から教わることができました。事業団はキャリアを重ねたベテラン職員の方が多く、そうした諸先輩方から様々な良いところを学べる職場環境があり、私自身、他業種からの転身でしたが、無理なく介護職員としてのキャリアを積むことができたと思います。そして、契約職員対象の正規職員登用試験を経て、今は正規職員として働いています。
今後は、正規職員として今まで以上に責任感を持つことは当然ですが、介護の仕事はチームワークが特に大切だと思うので、自分がリーダーシップを発揮して、みんなでより良いサービスを提供できるようにしていきたいと思っています。

これから介護の仕事を目指す人へのメッセージをお願いします

私が働く特養ホームは重度の利用者の方も少なくなく、その方の最期を看取らせていただくこともあります。お一人の人生の最期を看取るということは本当に凄いことだと思いますし、だからこそ、特養ホームでお過ごしいただく間、いかに楽しく安心して自分らしくお過ごしいただくかということを考えています。そうしたことが私にとって課題でもあり、やりがいでもあります。
私もそうでしたが、何事もはじめからすべてうまくいくことはないと思います。わからないことがあれば先輩職員に聞いてもらった方が、早く解決しますし、何より利用者が安心して過ごせる介護ができます。技術は後からついてくるので、まずは利用者の方のことを思って行動してほしいと思います。焦らずに一歩ずつ自分の目指す道を進んでいただきたいと思います。

ある1日のスケジュール

今日の仕事から

求人情報はこちら

ページの先頭へ