社会福祉法人 世田谷区社会福祉事業団 採用サイト

特養看護職 看護師としてのキャリア、子育て、その両立を目指して

現在はどのような仕事をしていますか

特養ホームの看護師として、入所者の健康管理や機能訓練に携わる他、ショートステイの利用者の方に向けたケアを介護職員と一体となって取り組んでいます。
特養ホームでは利用者を看取ることも少なくありません。以前、総合病院で勤務している時にも看取る機会がありましたが、やはり利用者がどのような最期を迎えたいか、その願いを支え、その人らしい生活を最期までサポートすることが看護師として大切な役割だと考えています。

特養ホームでの看護の仕事でどのような所にやりがいがありますか

特養ホームの役割の一つに認知症ケアがあると思いますが、そういった役割の一旦を担っているというところにやりがいを感じます。認知症ケアができることは高齢者介護ならではだと思いますし、看護師としてのキャリアを考えた時にも、特養ホームで自分が認知症ケアを介護職員の方と一緒になってお手伝いできている現状は、良い経験になっていると思います。また、事業団ではこうしたケアの実践を、せたがや福祉区民学会をはじめ様々な機会を利用し、積極的に発信しています。こうしたことに介護職員の方々と共に取り組めることも、私の中で貴重な経験になっていると思います。

これから特養ホームでの看護の仕事を目指す人へのメッセージをお願いします

もし、特養ホームでの仕事に迷っているのであれば、「やってみなければわからない」と思います。私自身、考える前にまず行動という所もありますが、やってみてわかることもあるし、その中で何かが見つかるのではないかと思います。私の場合、総合病院から特養ホームへ転職して、最初は戸惑うこともありましたが、先輩の看護師をはじめ、多くの方に支えられいくつもの壁を乗り越えることができました。
また、現在子育て中ということもあり、毎日慌ただしくしています。なかなか自分の中で余裕を見つけることも難しいのですが、それでもこうして仕事と家庭を両立できるように頑張れるのは、周りの皆様に支えられてのことだと思います。事業団には働く女性を支える仕組みがあり、子育て中の職員も働きやすい職場環境が整っていると思います。ですから、私のような子育て中の方はもちろん、看護の世界を離れてブランクのある方や、初めて介護の世界に挑戦するという方も、前向きな気持ちで取り組めばきっと乗り越えられると思います。何事も「やってみなければわからない」だと思います!

ある1日のスケジュール

今日の仕事から

求人情報はこちら

ページの先頭へ