特別養護老人ホーム

最近のお知らせ

ホームヘルパー基礎研修 「リスクマネジメント研修」

 事業団のほとんどのホームヘルパーは、ご利用者のお宅へ自転車で訪問しています。

 自転車はホームヘルパーの仕事にとって欠かせないものですが、今年度、訪問サービス課で発生した自転車事故は10件に上り、ご利用者様にも多くのご迷惑をおかけすると共に、ヘルパー自身の生活にも支障をきたす事故もありました。

こうした事態を重く見て、今年度の「リスクマネジメント研修」のテーマは、「自転車による交通事故」をクローズアップし、交通安全、事故防止、について話し合いました。

 

リスクマネジメント 課長写真.jpg

        訪問サービス課 木谷課長                                                                                

 

 今年度の研修は、平成29214日から24日までに、時間、場所を変えて計5回開催したところ、130名のヘルパーと関係者が参加し、とても高い評価を得ました。

 まず、自転車安全教育指導員でもある訪問サービス課 木谷課長から、昨年7月に策定した「訪問サービス課自転車事故防止指針」に基づき、訪問サービス課で実際に起こった10件の事故をパターン化して、どこに注意するのかを報告しました。職場では15人に一人の割合で自転車事故が起きていることがわかり、自分に例えて事故防止の思いを強くしました。

 

リスクマネージメント 045.JPGのサムネール画像

          平野警部補の講義

 

 また、研修は警視庁と世田谷警察署の交通課の協力を得て、自転車事故の発生件数や死亡事故割合、ヘルメットの必要性などをお話しいただきました。さらに、警視庁自転車安全対策係の平野警部補のお話からは、自転車運転時の危険映像から注意すべき点を検証しました。自転車も軽車両の一部で歩行者と一緒の立場ではなく、交通ルールをしっかり守る必要があることを勉強させていただきました。

 

リスクマネージメント 145.jpg

     グループワークにて自転車事故防止について話し合い

  

 グループワークでは事故に遭わない、起こさないための意見が沢山交わされました。

 ホームヘルパーの訪問を待っていて下さるご利用者のためにも、事故に遭わないよう気をつけて自転車を運転していかなければならないと思いました。

 

   「訪問サービス課自転車事故防止指針」(平成28年7月1日 策定)

 

・交通ルールは必ず守る。これぐらい平気かは命とり。

・思い込み、過信は事故のもと。急ぐとも、左右前後を確認して走行する。

・前方右折車は凶器の塊。車は貴方を見ていない。(しっかり運転手の眼を見る)

・横断歩道も油断大敵、思いがけず車はどこからでも侵入してくる。

・周囲の原付、自転車良く注意。事故は突進してくる。  

 

 

事業団のホームヘルプサービスは介護技術にかかわる研修を積極的に行っています。

 

世田谷ホームヘルプサービス

154-0017 世田谷区世田谷1-23-2

電話 03-5450-8292

 

烏山ホームヘルプサービス

157-0062 世田谷区粕谷2-23-1

電話 03-6694-6765

専門性向上研修 「精神障害をお持ちの方の支援」

 平成28年12月13日、講師にNPO法人障害者支援情報センター 理事長の進藤義夫氏をお迎えして「精神障害者への対応」についてお話しいただきました。

精神障害研修 H28.12.13.png

 ホームヘルパーとして、利用者への接し方についてのポイントは

・一人の人間と一人の人間としての関わりを大切にして、なんでも手伝うのではなく、その方の力を伸ばしていく視点を持つこと。

・ヘルパーは、利用者との距離の取り方で悩むことがあると思うが、支援チームのメンバーと相談をして、1人で抱えこまないようにしていくこと。

・利用者それぞれに合った生き方を見つけられるように、その方が持つ健康な面に注目すること。

 

 などの話しがあり、ヘルパーは障害を持った方が地域で生活していく上で重要な役割を担っていることを再確認しました。

 

 当日の研修にはガイドヘルパーも参加し、合計60人以上の参加がありました。

 参加者からは「事例の話がとても参考になった」と大変好評でした。

 

  事業団のホームヘルプサービスは介護技術にかかわる研修を積極的に行っています。

 

 

世田谷ホームヘルプサービス

154-0017 世田谷区世田谷1-23-2

電話 03-5450-8292

 

烏山ホームヘルプサービス

157-0062 世田谷区粕谷2-23-1

電話 03-6694-6765

専門性向上研修 「認知症研修」

 平成289月と10月にホームヘルパーとガイドヘルパーのための専門性向上研修を行いました。

 

 平成28年度 専門性向上研修

 認知症の理解とケアについて ­­ 「 認知症の人がスッと落ち着く言葉かけ 」  

   講師 認知症相談センターゆりの木 代表  右馬埜 節子 先生

 

 認知症研修 写真.png

 

 出席したヘルパーからは、「勉強になった」との感想が多くありました。ヘルパーの研修アンケートの中から一つ紹介します。

 

 <本日の研修で学んだことはどのようなことですか>

 先日、デイホームへの送り出しサービスの際、Aさんが「どうしても傘を持って行く」と言ったので、ヘルパーが「帰りは必ず車で送ってくれるので傘は要りませんよ」と答えました。すると、Aさんはデイから歩いて帰宅すると思い込んでおり、「そんなことも、わからなくなって情けない」と涙ぐんでいました。

 この研修を受けて、これはAさんに対する「説得」だったとわかりました。今後は違う対応でAさんに接してみようと思います。

 

 

 認知症の方の訴えを正すのではなく、その方の感情に寄り添うことで、相手の方が笑顔になる対応を学びました。認知症の方もヘルパーも穏やかに過ごせる声掛けのコツを教えていただきました。 

 

 

事業団のホームヘルプサービスは介護技術にかかわる研修を積極的に行っています。

 

世田谷ホームヘルプサービス

154-0017 世田谷区世田谷1-23-2

電話 03-5450-8292

 

烏山ホームヘルプサービス

157-0062 世田谷区粕谷2-23-1

電話 03-6694-6765

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11