特別養護老人ホーム

最近のお知らせ

自転車安全利用モデル企業指定書授与式・自転車用ヘルメット出発式を行いました

 訪問看護ステーション5事業所では、自転車の安全利用に積極的に取り組んでいます。

 その一環として、自転車事故防止指針を定め、7月から訪問時に自転車用ヘルメットの着用をすることにしました。

 これらの取り組みが警視庁に認められ、自転車安全利用モデル企業に指定されました。

 

 7月3日には「自転車安全利用モデル企業指定書授与式・自転車用ヘルメット出発式」を行いました。式には柗島世田谷警察署長、瓜生世田谷区高齢福祉部長にご臨席いただき、ピーポくんも駆けつけてくれました!

 式では自転車安全利用モデル企業指定書と記念盾が世田谷警察署長から授与され、世田谷区高齢福祉部長から激励のお言葉をいただき、自転車事故防止に向けより一層気を引き締めて取り組んでいこうと気持ちを新たにすることができました。

 

 事業団の訪問看護ステーションでは今後も自転車事故防止に向けて取り組んでまいります。

 

IMG_8593.JPG

式次第

 

IMG_8622.JPG

理事長挨拶

 

IMG_5016.JPG

自転車事故防止指針朗読

 

IMG_8636.JPG

自転車安全利用モデル企業指定書・記念盾授与

 

IMG_8637.JPG

記念品授与

 

IMG_8643.JPG

世田谷区高齢福祉部長からの激励

 

IMG_8610.JPG

記念撮影

 

IMG_8651.JPG

記念撮影

 

IMG_8659.JPG

いざ出発!!

 

IMG_8656.JPG

世田谷警察署からバスケットカバーをいただきました

訪問看護 5月定例会「在宅でのフットケア あぶない足ってどんな足?」

5月10日に今年度最初の講義を行いました。講師は下北沢病院の菊池守院長で、とても楽しいダジャレとともに、危険な足の病態についての知識を深めることができました。みなさま、足で困ったら下北沢病院の菊池守先生が頼りになります!

 

また、病院・地域の医療者がチームを組んで、フットケアを行う、せたがやフットヘルスプロジェクトが実施される予定です!今後は足のトラブルが少しでもなくなるように、訪問看護師も注意深くケアしていきます。

 

DSC01589 (1).JPG

 

DSC01591 (1).JPG

訪問看護ステーション 12月定例研修会「精神科アウトリーチ ‐コミュニティ精神医療の実践‐」

12月は「精神科アウトリーチ ‐コミュニテイ精神医療の実践‐」をテーマに研修会を行いました。講師は、烏山地域で精神科の在宅診療をしていらっしゃる、こころのホームクリニック世田谷院長の高野洋輔先生でした。

 

精神科看護でも最近アウトリーチという言葉をよく耳にするものの、理解が不十分でしたが、助けを求める人に「手を差し伸べる」という意味がある事を事例を通して学びました。

 

相手の生活史を紐解き、言語化されていない真のニーズを突き止めて支援を行うことで、ご利用者の生活が大きく改善した事例は印象的でした。

 

訪問していると様々な課題がありますが、流さずにご利用者が生活しやすいサポート作りを大切にしていきたいと思いました。

 

 

ブログ?.JPG
 
ブログ2hp用.jpg
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11