特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム 上北沢ホームのお知らせ

花いっぱいの季節  上北沢ホーム

kamikita-botan201104.jpg外出が心地よい季節となりました。ホーム正面の道路には、白いはなみずきがいっせいに咲き揃いました。ご入所者たちが楽しみにしている風景です。

 

ホームの2階にある中庭では、毎年きれいな花を咲かせてくれる一本の木があります。ぼたんです。園芸が好きだったご入所者が植えた思い出の木です。今年で8年目になります。
 

「今年も咲いた。咲いたよ。」
 

「去年より花が増えたんじゃないの」
 

「ここでお茶しようね」
 

ご利用者たちの会話にも花が咲いています。

昨年秋に、ご入所者たちが植えた種や球根も、色とりどりの花を咲かせています。

次は、稲や野菜苗の植え込みを行う予定です。

収穫もまた楽しみです。

 

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
上北沢ホーム
世田谷区上北沢1-28-17
電話  03-3306-5155
メール kamikitazawa@setagayaj.or.jp

満開の桜のキャンパスで 日大文理学部との交流   上北沢ホーム

kamikita-nichidai-ohanami2011.jpg今年も、桜の季節に日大文理学部への訪問がかないました。


桜満開の4月9日(土)と11日(月)の両日2日間で、キャンパスに出かけたご利用者ご家族は20人に上ります。

構内では、社会福祉コースの先生はじめ多数の学生さんが、案内してくださいました。

新年度を迎え活気づいているキャンパスを車いすで散策した他、記念館や学生食堂、図書館などにも連れて行っていただきました。


正門前に到着して、桜が目に入った途端、ふわあっと微笑まれたご利用者。
 

「お久しぶりです。お元気でしたか」と声をかける学生さんに、「嬉しいねえ。また会えたねえ。一つ歳をとったのよ」と返すご利用者。
 

ホームに帰ってからも、おみやげにと持ち帰った桜のはなびらや椿の花を囲んで、「今日は楽しかったね」「最高」「大学」といつもの食堂が、一段と賑やかでした。
 

文理学部の皆様との、行ったり来たりしながらのご近所づきあいができることに心から感謝をしながら、これからも大切に交流を深めていきたいと思います。
 

今月末には、学生さんたちと上北沢ホームで再会です。

 

 

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
上北沢ホーム
世田谷区上北沢1-28-17
電話  03-3306-5155
メール kamikitazawa@setagayaj.or.jp

入所者ご家族へ 施設設備をご案内   上北沢ホーム

kamikita-sisetu-kengaku201104.jpg4月3日、新しい年度が始まって最初の日曜日。上北沢ホームでは、ホーム入所者のご家族に、ホームの中を案内する時間をもちました。

 

特に、ご入所者の日常生活に関わりの深い場所と、安全を守るために備えている設備を中心に、施設長などの案内で、地階から屋上まで、施設内をご覧いただきました。

 

ふだんなかなかお見せする機会のない浴室や厨房。
いつもは職員しか出入りしない洗濯室や処理室。
電気や水、ガスの設備、非常時の備えなど。
いずれの場所でも、ご家族からは、たくさんのご質問やご感想をいただきました。

 

「他の階に行くのは初めてだよ。雰囲気違うね」
「ここから出たごみは、どのように処理されるの?」
「安心しました。自分も入りたいよ」
「資源を大切にしているのですねえ」

 

生活の場としての上北沢ホームです。
ご利用者やご家族のご意見を大切に、ますます安全で居心地のよい住まいづくりに取り組んでいきたいと考えています。

 

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
上北沢ホーム
世田谷区上北沢1-28-17
電話  03-3306-5155
メール kamikitazawa@setagayaj.or.jp

1

各施設のご案内