特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム 上北沢ホームのお知らせ

クリスマスを前に  ある日の午後  上北沢ホーム

 kamikita-aruhinogogo2011.12.jpg

冬の寒さが続く中、上北沢ホームでは、毎日各階で、さまざまな活動が行われています。

 

昨日は、毎年楽しみにしているサンタさんと仲間たちと、和やかなひとときを過ごしました。一年のうちに背がぐんと伸びた上に、ピアノやバイオリンが一段と上手になった、こどもサンタさんたちと一緒に、歌ったり、踊ったり、楽器を鳴らしたり。


 
今日の午後は、おやつ作り。みんなで一つの大きなケーキを作りました。
「全員で一つのケーキを作り、全員で食べましょう!」を合い言葉に、大きなボールで生地をこねたり、思い思いのトッピングをしたり。

スポンジケーキとバナナをこねる作業では、「たとえば、ぬかみそ混ぜるみたいに」と職員が声をかけた途端、ご利用者の皆さま、俄然腰や腕に
力が入り、それはもう、くっくっと慣れた手つきですこと。

とっても滑らかな口当たりの、ぬくもりあるケーキが完成!

さっそく、ミキサーにかけて一工夫するなどして、フロア全員でおやつにいただきました。皆さま、ぺろり。 

「さあ、明日は何をしましょうか」「そうだなあ」

 

 

 

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
上北沢ホーム
世田谷区上北沢1-28-17
電話  03-3306-5155
メール kamikitazawa@setagayaj.or.jp

12月のバイキングは おでん! 上北沢ホーム

kamikita-oden2011.12.jpg

12月18日(日)のお昼ご飯は、バイキングの日。
フロアごとに趣向を凝らした演出で、いつもの食堂はお祭りムードになりました。

 

「今年の暮れのバイキングは、何がいいですか」
バイキングの内容は、ご利用者の希望で決めていきます。
秋風吹く頃から準備を始め、今回は、おでん!に決まりました。
さらに、「あれが食べたい」「これも外せない」「だいすき」と、皆さまがご希望の具材に気持ちをこめて書きためた作品は、当日のお品書きになりました。
「おなか一杯」「たらふく食べる」など、思い思いの墨書きメッセージも、食堂に張り出されました。

 

「あんぺいって何でしょう」と職員が尋ねると、
「それはね」
「はい。知ってるよ」
「昔はね」と、
ご利用者から、たくさんの答えが返ってきました。
「へええ、知らなかった」「おいしそう」

 

刻みのおでんも、ミキサーのおでんも、活気ある雰囲気の中で、おかわり、お替わり、と、皆様召し上がっていただけました。

 

「おいしく・楽しく・安全に」
私たち上北沢ホームの、食事に関する介護スタンダードです。 

 

 

 

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
上北沢ホーム
世田谷区上北沢1-28-17
電話  03-3306-5155
メール kamikitazawa@setagayaj.or.jp

日頃の取組みについて発表しました  上北沢ホーム

kamikita-setagayahukusikumingakkai2011.12.jpg

12月10日(土)、「せたがや福祉区民学会」にて、上北沢ホーム職員は、3題の発表を行いました。
区内の福祉関係者だけでなく、幅広い世代の世田谷区民が多数参加される、この学会は、私たち現場職員が、介護について直接発信できる貴重な機会となっています。

 

今回は、上北沢ホームの介護実践について発表したほか、新たに、大学生との共同発表や、上北沢ホーム職員が中心となって立ち上げた自主グループの活動発表にチャレンジしました。
発表要旨は、次の通りです。

 

*「特別養護老人ホーム上北沢ホームの看取り介護 終末期支援は生きる力の支援」
生活の場である特養で行う看取りは、馴染みの環境の中で、安心して心地良く、その人の望む暮らしを続けていただけること、それは生きる力を支援することだという考え方に基づき、ケアをおこなっている。

発表要旨yousi-shuumatukisien.pdf

 

*「上北沢ホームと日大生との協働 地域のなかでの3年間の取組み」
特養と大学間の、利用者を介した協働を重ねるうちに、地域住民や地域活動との関係が生まれてきている。共に行うことの意義について、また活動継続や、地域への展開要因等について、日大文理学部学生と共同で考察した。

発表要旨yousi-nitidaikyoudou.pdf

 

*「介護ラボしゅうの挑戦! 思いの「場」を始めて得たもの」
介護に携わる人や関心のある人が集まって自らの介護への思いを語れる「場」を作り、ネットワーク形成を図る中で、見えてきた、社会の中での介護の役割と責任について整理した。

発表要旨yousi-kaigoraboshuu.pdf

 

いずれの発表にも、ご質問やコメントをいただきました。これからのサービスや活動に生かしていきたいと思います。
なお、発表要旨を添付いたしました。ご意見、ご質問など、ぜひお寄せください。お待ちしております。
 

 

 

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
上北沢ホーム
世田谷区上北沢1-28-17
電話  03-3306-5155
メール kamikitazawa@setagayaj.or.jp

1  2

各施設のご案内