特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム 芦花ホームのお知らせ

もうすぐひな祭り  芦花ホーム

roka_hinamaturi.jpg季節は春にむかい、だんだんと暖かくなってきました。

 

芦花ホームでは、ひな祭りに合わせ、1階正面玄関と2階渡り廊下に7段飾りのお雛様を、またそれぞれのフロアにもお雛様セットを飾っています。

7段飾りの立派な雛壇に、その前を通る人は思わず立ち止まり、見入ってしまう迫力です。

春の足音とともに、ひな祭りの歌声があちらこちらから聞こえています。

 

なお、この雛壇は、毎年就労支援のみなさんが設置しています。

年に1回のことですので、苦労しながら完成図を頼りに飾っています。

 

これからも芦花ホームでは、季節感を大切に、あたたかなケアを実践してまいりたいと思います。

 

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団

特別養護老人ホーム芦花ホーム

世田谷区粕谷2-23-1

電話 03-5317-1094

書籍の紹介 『「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか』

heionsi5-2.jpg当事業団芦花ホームの常勤配置医石飛幸三の著書、『「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか』が、講談社から出版されました。

 

本書では、延命治療の限界と安らかな「看取り」について考察し、過剰な医療をしない「平穏死」を初めて提言しています。

 

全国有名書店でお買い求めいただけますので、ぜひお手にとってご覧ください。

詳細はこちらをクリック

 

■書名 『「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか』

■著者 石飛幸三

■発行 株式会社講談社

■定価 1,470円(税込)

 

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団

特別養護老人ホーム芦花ホーム

世田谷区粕谷2-23-1

電話 03-5317-1094

節分行事 ご利用者様も職員もみんな楽しく!  芦花ホーム

roka_setubun.jpg2月3日水曜日は節分、芦花ホームでは恒例の節分行事を行いました。

 

芦花ホームの節分行事は、ご利用者様の状態にあわせて“無理なく楽しく誰でも参加”を合言葉に、色々と工夫して行いました。

行事がはじまり、鬼役の職員がユーモラスな鬼の衣装を身にまとい登場すると、ご利用者様の顔はぱっと明るくなりました。「鬼は外〜、福は内〜」の掛け声とともに、豆に見立てたお手玉が飛び交い、最後は楽しく記念撮影をしました。

 

暦のうえでは春となりましたが、まだまだ寒い日が続きます

これからも芦花ホームでは、寒い時期でも館内で楽しくお過ごしいただけるよう、工夫をこらしたいと思います。

 

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団

芦花ホーム

世田谷区粕谷2-23-1

電話 03-5317-1094

1

各施設のご案内