特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム 芦花ホームのお知らせ

芦花ホーム 「地元発祥 下山千歳白菜」

下山白菜.jpg

 芦花ホームの昼食で、下山千歳白菜を使った八宝菜を提供しました。

 この白菜は、昭和初期に世田谷区千歳村で白菜づくりをしていた下山義雄氏が作り出した品種で、1個4、5kgと非常に大きく、通常の白菜の3、4倍の大きさです。1953(昭和28)年には、農林省に種苗登録され、全国に栽培が広がりました。

 現在大型の白菜は、一般家庭では使いにくいなどの理由であまり栽培されなくなっていますが、地元ではこの品種を復活、保存しようという動きがあるそうです。
 

 昼食の前に施設長から全館放送で、下山千歳白菜の説明を行いました。

 放送後、普通の大きさの白菜と下山千歳白菜を並べて各フロアを回ったところ「これがさっき言ってた白菜だね」

「うわぁー大きい!立派な白菜だね!」

「こうして見るとすごい違いだね!」
「近所でこんな立派なものが育っているのは知らなかったけど、教えてもらえてよかった。こういうのもたまには良いね」

「田舎を思い出しちゃった。(涙ぐまれる)」
「生きているうちにこんなに大きな白菜を見られて幸せだよ。持ってきてくれてありがとう」と、皆さん白菜の大きさにビックリされて、とても喜んでいらっしゃいました。

 ショートステイのご利用者の中で下山千歳白菜を良くご存じの方が、畑のある場所など詳しく職員に説明をしてくれました。
 

 芦花ホームで地元発祥の野菜に触れ、ご利用者はとても感激されて会話も弾み、味も「甘くて、とろっとして美味しかった」と大好評でした。

 

 

社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団

特別養護老人ホーム芦花ホーム

世田谷区粕谷2-23-1

電話 03-5317-1094

 

 


 

芦花ホームショートステイ「和みの会≪秋の夕べのお食事会≫」を行いました。

芦花ホーム夜ご飯和みの会.jpg

 今回は「秋の夕べのお食事会ー秋の夜長に職員とお話しませんか?ー」をテーマに、夜ご飯を1階レストランで召し上がっていただきました。
 

 当日の日中、ショートステイご利用の皆様には、秋の夕べのお食事会の招待券を配布させていただきました。
 皆様、ポスターや招待券をご覧になり「あなた、招待券もらった?」「私はもらっていないけれど、きっとこれからもらうのね。楽しみだわ」と朝からドキドキワクワクしながら、夜ご飯まで思い思いの時間を過ごされたようです。
 

 ショートステイご利用の皆様が、レストランでお食事会をするのは今回が初めてで、いつもの食堂とはまた異なった素敵な雰囲気でお食事を楽しんでいただきたいとおしゃれな食器を使用するなど工夫しました。

 その効果があったのか、いつも食の細い方が全部召し上がられたり、介助が必要な方が自分で召し上がるなどといった光景も見られました。 
 お腹がいっぱいになった後は、美味しいコーヒーをいいただきながら、職員とお話して秋の夜長を過しました。
 

 人と人の和を大切にする芦花ホームショートステイの和みの会。
 次回もお楽しみに!

 

   社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団

 特別養護老人ホーム芦花ホーム

 世田谷区粕谷2-23-1

 電話 03-5317-1094

1

各施設のご案内