BLOG

デイホーム松原 いきなりだんご作り

  • 活動報告
  • 2019年04月22日

 今回のおやつ作りのメニューは熊本出身の職員が郷土の味としてこよなく愛しているご当地名物の「いきなり団子」です。

 現地では「いきなり来客があってもすぐに出せるお菓子」という意味で「いきなり団子」と呼ばれているとか。

九州出身のご利用者様の中には知っている方もいて、「若い頃、よく食べたわ~」という声も上がります。とはいえ、大半の方には初めて聞く名前だったようで「どんなお菓子でしょうね?」「早く食べたいわ~!」と言う声が聞こえてきました!

まずは生地からこねていきます。生地は紫芋の粉を混ぜたものと、抹茶を混ぜた緑色のものを用意していきます。

松 抹茶生地完成.JPG

 「きれいな色ね。」「これ大変ね~」「意外と力がいるわ!」とあちこちから声が聞こえる中、皆さん協力して生地をこねてくださいました。

 その生地を寝かせている間に、さつま芋を切ります。今回使うのは種子島から届いた立派なさつま芋!

松 薩摩芋.JPG

IMG_5320.JPG

さつま芋を輪切りにして皮をむいたら、生のままその上にあんこを乗せていき、先ほどの生地に包んでいきます。破けないように、慎重に丁寧に包みます。包み終わったお団子を、鍋に入れて蒸しあげていきます。

おだんごに包みきれなかったさつまいもも、一緒に蒸していきますよ!

松 だんご蒸し.JPG

 串をさして中に包まれた芋にスッと刺さったら中まで火が通った合図です。

蒸しあがった抹茶生地と紫いも生地のお団子をそれぞれ半分づつ合わせて、盛りつければ完成です!

松 だんご笑顔1.JPG

つやつやに蒸しあがったおだんごをひとくち・・・

「出来立て、美味しいわ!」「初めて食べたけど最高ね!」と大絶賛!

松 完成dango.JPG

つやつや蒸したての素朴なおだんご、大変喜ばれました。

皆様もご家庭でぜひともお試しください。(下部に作り方のリンクがあります)

 デイ・ホーム松原ではこれからも様々な食材を使っておやつ作りを行う予定です。次回はどんなおやつを作りましょうか?ぜひともお楽しみに!

お問合せ

デイ・ホーム松原

  • 所在地〒156-0043 世田谷区松原5-17-6
  • TEL03-3323-2081
  • FAX03-3323-2082
施設詳細
メニュー